トレンドを把握

遊園地

去年のノーベル賞受賞で一躍話題に上がったLED蛍光灯ですが、皆さんはこの本当の力とどこでどのような活躍をしているのかご存知でしょうか。今回はこのLED蛍光灯についてご紹介します。 このLED蛍光灯の大きな特徴といえば、今まで使われていた白熱蛍光灯などと比べて、比較にならないほどの長寿命と省エネルギーです。具体的には、LED蛍光灯は1日に10時間使ったとしても、その交換の時期は10年後で良いのです。なので、現在ではいろいろな所でこのLED蛍光灯への交換が行われています。どのような所で使われているのかというと例えば、信号機であったり、電柱の証明であったり、他にも体育館の照明にも使われてきています。このように様々な所で活躍をしているのです。

上記のようにLEDにはこのようなメリットがあります。しかし、LED蛍光灯では、一般の白熱蛍光灯より省エネではなく、薄暗いという欠点があります。しかし、使い方によってはこのLED蛍光灯は大きく活躍することができるのです。その一例をこれから紹介していきます。 まず、このLED蛍光灯の特有の性質があります。それは、熱には弱いのですが、寒さにはとても強いということです。一方の白熱蛍光灯は寒さに弱いのです。この性質を活かせば、冬にとても寒くなり氷点下になるようなところで活躍することができます。白熱蛍光灯は氷点下になると発光しにくくなるのですが、LED蛍光灯では氷点下20度でもその発光性を失わないので、今まで、冬では暗くなりがちであった道を明るく照らすことができます。